便利になったカードローン返済

近くのATMを通じて気軽に返済できる

昔は貸金業者からお金を借りた場合、手数料を負担して銀行振り込みで返済するか、あるいは貸金業者が運営している店舗に直接お金を持っていくのが普通でした。しかし、今はカードを一枚持っていれば、それを使ってATMでお金を借りて、返すときもATMを通じて行うことができます。ATMを利用するにあたっての手数料が請求されることはまずありません。そういった点において、カードローンの返済は非常に便利だといえるでしょう。
では、なぜカードローン会社が運営しているわけではない、銀行やコンビニのATMを通じて返済することができるのでしょうか。これは業務提携をしているからです。銀行やコンビニATMの運営会社はカードローン会社からの手数料収入で利益が出ますし、カードローン会社にとっては使えるATMが増えて客にとっての利便性が上がるということで、両者にとって理想的な提携といえるでしょう。

端数もぴったり返したい場合は銀行振り込みという選択も

ATMから返済する方法だけではなく、銀行口座への振り込みなど昔ながらの返済方法もまだ残っています。以前は手数料がかかると敬遠されていた銀行振り込みですが、最近は振込手数料が無料のネットバンクが増えてきた影響で、デメリットよりもメリットの方が大きくなっています。メリットとはどのようなものかというと、一円単位での返済が可能であるということです。
たとえば、一括返済を行う場合、利息も含めて支払う関係で一円、十円といった細かい端数が出ることが多いです。ATMから返す場合、基本的に紙幣のみしか入金できないという関係上、端数を残すか、あるいはオーバーして返すかのどちらかになってしまい、ぴったり返すことができません。
1000円未満の端数が残っても完済扱いにするというカードローン会社が多いですが、それだと債務を残していることになってすっきりしないという人は銀行振り込みでの返済が合っているといえます。

© Copyright Money Fasting. All Rights Reserved.